QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
プロフィール
ザルツ中尉
ザルツ中尉
 黒狼中隊のザルツ中尉と申します。

 拙いながらもWWIIドイツ軍を中心にヒストリカルゲーム、リエナクトメントに興じております。

 此のBlogを通じて黒狼中隊の情報発信をして行けたら幸いです。

2011年12月24日

兵たちの午後 第16回「仮装カウントダウンPARTY」のお知らせ。

~礼装と軍装の饗宴~

 非日常の空間で新年を迎えましょう!

 自慢の晴れ着で参加していただく、仮装テイストのカクテルパーティーです。

 クラシックな内装の店内ですが、当日は1930~40年代をイメージした演出を行いますので、戦前・戦中の雰囲気をお楽しみいただけます。
 全く知識がなく雰囲気だけに浸りたい方、軍装見物したいだけの方も大歓迎です!

◇ゆる~いドレスコード:私服(男性:ネクタイ着用スーツ等、女性:ドレス等)、軍服(勤務服等)~雰囲気を損なわない範囲なら何でもOK

開催日時:2011年12月31日(土)2200時~2500時(2000時開場、ニューイヤーPARTY 2500時~))

コンセプト:
 WWII期の軍装を着て参加出来るカクテルパーティ、同好の方々による社交の場の提供。
 軍装はWWII期であれば国籍・所属・階級は問いません。
 今回はきちんとしていれば私服での参加も可能となっておりますので、気軽にお越し下さい。

会場:BAR ANGLAIS (東京都中央区銀座7-12-4友野本社ビルB1)

主催:日本ヒストリカルリエナクトメント協会(http://www.eaglesnest-inc.com/JHRAindex.htm

運営:『兵たちの午後~WWII軍装Party』実行委員会

協賛企業:株式会社イーグルネスト、株式会社三心

協力店:BAR ANGLAIS

協力団体:黒狼中隊
※協賛企業・団体を募集しております。
 お問い合わせは下記連絡先迄、お願い申し上げます。

サービス:
 フリードリンク、軽食、(カウントダウングラスシャンパン付)、バーテンダーがお好みのカクテルをおつくり致します。
 お食事(有料:¥500~)・葉巻(有料:¥1,000~)のご用意があります。

参加費:6,000円(御来場時に頂きます)

申込方法:
 「氏名」「連絡先(メールアドレス)」を記入の上、fuhrer@pep.ne.jp
(広報担当:玉城)迄、メールをお送り下さい。
 詳細を返信します。



  

Posted by ザルツ中尉 at 10:09Comments(1)WWII軍装Party

2011年12月18日

Vショー、出店します。

 多忙で更新する暇、無し(苦笑)。

 さて、本日、黒狼中隊の名前でVショー(http://www.sams-militariya.com/l.html)に出店します。

 ブースはK-125。
 今回は写真の様な軍装はしておりません(笑)。

 毎度、端っこですが冷やかしにでもいらして頂ければ幸いです♪。

   

Posted by ザルツ中尉 at 07:38Comments(0)其の他、ミリタリーイベント

2011年12月13日

ウィンターフロント2011。

 遅れ馳せながら、先週のウィンターフロント2011、参加された方々に至りましてはお疲れ様でした。

 今回はマルセル殿と共に参加。
 私は戦車搭乗服で本部付、マルセル殿は陸軍歩兵でグローバー小隊ハント分隊の方々と楽しんで来ました。

 一日目は午前中は雨天でしたが、昼過ぎより天候は徐々に回復。
 季節と場所に関わらず夜も極寒とは感じませんでした。

 少人数での参加もあってか、オーパーツを減らしまくってStabszeltを設置(お手伝い頂いた方々、有難う御座いました)して拙いながらも生活再現を試みました。

 北海道、山形、ハワイと毎月旅をしていたのでロクな準備も出来無い中、野営も大分、ソレらしい風情に出来た…かな(笑)。









 此方は米軍のキャンプです。
 素晴らしいですね。





 二日目のゲームではリエナクト寄りの部隊とサバゲー寄りの部隊が混在しない様に、進言したりしておりましたが、其れでも勝手に動く人がいたりと苦慮しました。

 各部隊に伝令している途中、野良ドイツ兵に出会ったので「何処の部隊だ?」と誰何したら「独立なんで…」と。
 レギュレーションに部隊行動をする様にと記されているのですから、せめて纏まって行動して欲しいものです。
 「独立なんて部隊は無い。原隊へ帰れ」と伝えたり、サバゲー寄りの部隊には「部隊を掌握する様に」と幾度か伝えましたが、なかなか巧くいかないものです。 

 自分の当日の動きは不徳、未熟の致す処ではありましたが、今回の経験を何らかの形で生かせたらと思う次第であります。



  

Posted by ザルツ中尉 at 09:18Comments(0)其の他、ミリタリーイベント